私は珈琲くるるという珈琲豆屋(オンラインショップ)を営んでいる。


https://coffeekururu.stores.jp/


世の中が不安に押しつぶされそうな2020年4月。


私は、エリー学園に入学した。


道案内をしたことがきっかけで、エリー学園に入学することになったわけだが、これが、珈琲くるるの核を形にすることになるとは、このときは知る由もなかった。


過去において、自分が新入生だった頃のことを思い出してほしい。


手探りの毎日にふわふわとする感覚。


これは、エリー学園でも感じた。


何を書けばいいのか躊躇するブログ、オンライン上で交わされる学園生同士のぎこちないやりとり。


ただ、私が発した言葉に返ってくる学園生の言葉は、いつも相手を思うやさしさに包まれていることには、早くに気がついていた。


いつのまにか、学園生と過ごすエリー学園は、私にとって、とても居心地の良い場所になっていった。


そんなとき、数人の学園生が、「珈琲くるるの珈琲を飲みたい。」と声をかけてくれた。


2020年3月末から営業を自粛していた私にとって、その言葉がどれほどありがたかったことか。


その気持ちがうれしくて、うずうずし始めた。


珈琲豆を焙煎しよう。

珈琲くるるでは、毎月、2種類の珈琲豆を1セットにしてお届けしている。


定番はない。


珈琲豆の種類は、月によってばらばらだ。


それは、その月の私の思いを込めて、珈琲豆を焙煎しているから。


珈琲を飲んだ時に感じる思いはひとそれぞれ。


柑橘系やチョコレートといった表現でひとくくりにすることはできない。


世間の正解不正解ではなく、自分が感じた思いを大切にしてほしい。


だから、珈琲豆には思いを名前にして、つけている。


2種類の珈琲豆には、味を表現するために、私の思いを名付けているけれど、本当は、名前をつけずに、珈琲豆を届けたい。


珈琲くるるの珈琲を飲んで、心に浮かんだ思いを聞き、語り合いたい。


そして、おのおのの思いを名前にして、珈琲豆に名付けてほしい。


これが本音だ。


でも、この本音を形にするにはどうしたらいいのだろう。


エリー学園では、個人でイベントを開催することができる。(ご時世&学園生が世界各地に住んでいるため、主にzoomイベント)


学園生に珈琲豆を届けたなら、イベントで、同じ珈琲を飲み、思いを語り合えるのではないだろうか。


そして、珈琲に名前をつけてもらえるのではないだろうか。


そう思ったら、私は居ても立っても居られなくなった。


2020年5月。


名前のない珈琲が生まれた。

そして、毎月の珈琲は2種類の珈琲豆と名前のない珈琲のセットとなった。


エリー学園では、【珈琲で思いを共有してみよう】というイベントを開催し、名前のない珈琲について、学園生と思いを語り合っている。


ちなみに、学園生の思いは、Instagram(アカウント名_coffeekururu_)で紹介している。


エリー学園に入学したから。

学園生との交流があったから。


偶然のきっかけは、私にとっては必然だったのだと思う。


クリエイティブの芽がそこかしこに散らばっていて、それを育て合う仲間がいるエリー学園。


ここは、名前のない珈琲が生まれたところだ。